Fetish Pono

水泳部合宿~着衣水泳1日目

お気に入り シェア
作品をシェアする
ページリンク
ソーシャルメディアでシェア

作品紹介

 全3シーンからなる「水泳部合宿〜着衣水泳3日間〜」(フィクション)の1シーン目で、チャコールグレーのリクルートスーツ着用シーンです。以下のストーリーをご参照ください!

 【ストーリー】

 水光大学水泳部恒例の「着衣水泳大会」の季節がやってきた。毎年、春先に行われる。25メートルプールを使って「着衣水泳」を集中的に行うという何とも珍しい合宿だ。

 この合宿では、参加者は好きな服を着て着衣水泳を楽しんでもらうことになっている。高校時代の制服、この日のため購入したコスプレ衣装、私服で泳ぐ者など様々である。

 絵里子は就職活動中ということもあり、気分転換で参加したこの合宿にはリクルートスーツで参加することに決めていた。合宿1日目の今日はチャコールグレーのリクルートスーツを着ている。スーツケースの中には合宿で使うためのリクルートスーツがもう2着入っている。

 まず初めに、準備体操をしっかりおこなうのだが、ストレッチのみならず、腹筋や腕立て伏せ、背筋もおこなう。リクルートスーツ着用のため少々動きずらい。準備体操を終えると、泳ぐ順番が来るのをプールサイドの椅子に座りながら待つ。

 いよいよ絵里子が近づいてくる。。プールサイドでバタ足をしたり、水をかけたりして体を水に慣らせてから入水する。

 平泳ぎからはじめるが、タイトスカートが足にまとわりつき、ジャケットが上半身を締め付けているためうまく泳げず体全体が水面よりも下に沈んでしまう。この合宿の目的は「思い思いの衣装で着衣水泳を楽しむこと」なので、泳ぎの上手下手は問題にならない。

 平泳ぎの次はクロールだ。スーツ着用のため体が思うように動かず、息継ぎもままならない。しかし、「そんなの関係ねえ」という懐かしいフレーズを頭に思い浮かべながら、ひたすら泳ぎに没頭する絵里子であった。(終わり)

作品内容

水泳部合宿~着衣水泳1日目

  • 水泳部合宿~着衣水泳1日目
    28:47
上部へスクロール